ビットコインの価格高騰で日本の銀行も参入‼暗号通貨の未来

最新ニュース ビットコイン 暗号通貨

ビットコインの価格高騰で日本の銀行も参入‼暗号通貨の未来

ビットコインの価格高騰で〇〇銀行も参入!!

ビットコイン UFJ銀行 参入

出典 http://textream-cimg.west.edge.storage-yahoo.jp

今年2017年は仮想通貨元年ともいわれ
正解の金融システムがこの仮想通貨(暗号通貨)
によって大きく変わろうとしています

現在私たちが利用している貨幣は

日本円であれば「日本の政府」が・・・・
USドルであれば「アメリカの政府」が・・・・

というように各国の通貨はその国の
法律が関わってきます

ビットコイン UFJ銀行 参入

出典 http://www.change-makers.jp

しかし仮想通貨(暗号通貨)
と言われるビットコインなどは
インターネット上の通貨であり
どこの国にも属しません

そもそもビットコインは誰が作ったの?

という質問になるのですが・・

2008年11月にナカモトサトシ
という日系人男性がビットコインの論文
を発表している

サトシ・ナカモト(英文表記:Satoshi Nakamoto)は
ビットコインプロトコルと

そのリファレンス実装である
Bitcoin Core (Bitcoin-Qt) を作った
ことで知られる人物の称する氏名。

本名かどうかも含め、当該人物の正体は不明。

2008年、metzdowd.com内の暗号理論に関する
メーリングリスト[1]に電子通貨ビットコイン
に関する論文を発表し始めた[2][3]。

2009年にはビットコインのソフトウェアを
ネット上に発表し、ビットコインの最初の採掘を行い[4]
運用が開始された[5][6]。

出典 http://ja.wikipedia.org

その後2009年に
ビットコインのシステムを公開し
2010年末頃から徐々にインターネット上
から姿を消していったとされている

ビットコイン価格は上昇

ビットコイン UFJ銀行 参入

出典 http://interestyou.info

このようにビットコインの出どころは
かなりあいまいですが

そんなことは関係なく
ビットコインの価格はどんどん上昇し

2016年の4月には4万円台だったものが
今年2017年8月には50万円台
という最高値をたたき出している

ビットコイン UFJ銀行参入

出典 http://toushin-shisan.net

もしビットコインのような
暗号通貨が一般でひろく使われ出すと
一番困るのが銀行業界・・・

そこで日本のUFJ銀行が自社開発した
独自の暗号通貨・MUFGコイン

ビットコインと何が違うかというと

ビットコイン➡世界で利用でき国の法律が関係ない
MUFGコイン➡UFJ銀行間のみで使用可能

ビットコイン UFJ銀行 参入

出典 http://i.ytimg.com

世界の5人に一人がスマホを所有

日本はとても安全でインフラもしっかり
整ったすばらしい国!!

お金の入出金、送金なども近くのコンビニや銀行
で手続きは簡単に完了します

もちろん暗号通貨(仮想通貨)を
使う理由なんてどこにもありません


世界では先進国、後進国に関わらず
5人に1人がスマートフォンを所有
する時代になりました

ビットコイン UFJ銀行 参入 スマホ所有率

出典 http://artroot.jp

むしろ暗号通貨(ビットコインなど・・)
が多く使われるのはインフラ整備もきちんとされて
いないような貧しい国だという事になります


というわけで日本は仮想通貨(暗号通貨)
を扱えるシステムエンジニアがいません

いまから優秀な人材(エンジニア)を集めて
暗号通貨に取り組んでも
最低2年はかかると言われています

UFJ銀行間での処理速度や入出金などの
手数料も安くなりUFL銀行に口座を
持っているユーザーにはメリットはあるかと
思いますが・・

まだまだ世界の仮想通貨(暗号通貨)と対等に
やっていくには時間がかかりそうですね

1

ピックアップ!

月別アーカイブ