インターネット普及で変わる今後の「配達 サービス」

最新ニュース ビジネス

インターネット普及で変わる今後の「配達 サービス」

宅配会社最大手の大和運輸の配達時間を大幅変更

現在ヤマト運輸での荷物受け取り時間が午前中であれば

1、午前中
2、正午から午後2時
3、午後時から4時
4、午後4時から6時
5、6時から8時
6、午後8時から9時
という配達時間が設定されている

ヤマト配達時間

出典 http://toriho-dai.com

最近の消費者の買い物がインターネットでの利用が増えたため
配達員(ドライバー)の負担が重くなっています
そのため配達時間が短く配達希望が集中する
正午から午後2時  午後8時から9時中
などの配達が集中してしまう時間帯の配達を取りやめ

配達希望が比較的少ない時間帯の
正午から午後4時などの時間帯を大幅に広げることなどを検討している

ヤマト運輸ドライバー

出典 http://giwiz-tpc.c.yimg.jp

大手インターネット通販「アマゾン」の請負が大半

今回の問題の発端はインターネット通販最大手の「アマゾン」の利用者の
荷物のほとんどをヤマト運輸が請け負っている
これをに対しヤマト運輸側は「今荷物量、無理」と説明
人手不足で配達ドライバーの労働環境が厳しくなっている

そこで登場したのが「宅配ロッカー」サービス
街中ににも「宅配ロッカー」設置されている
こちらはヤマト運輸は出資するパックシティジャパン(東京)
が名古屋市の3つの駅(千草、金山、大曾根)で27日
サービスをスタートした

利用方法は「クロネコメンバーズ」に会員登録し
荷物の受け取り指定を自宅かロッカーか選べる
料金は無料

現在、東京、大阪を中心に170か所以上のロッカーが設置してあり
今後ヤマト以外の荷物も受け取れるようになるという
2018年1月からは名古屋、舞鶴、刈谷の3駅にも設置し
サービスが受けらる

2022年までには5千か所に増やす予定

ヤマト運輸宅配ロッカー

出典 http://www.tsuhanshinbun.com

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ