知らなきゃ損する!ビットコインの凄さ! 買い方教えます!!

最新ニュース 経済

知らなきゃ損する!ビットコインの凄さ! 買い方教えます!!

ビットコインの買いかた

ビットコインの買いかたとしては
3種類あります

まず一つ目がお金を払って
ビットコインと交換する方法

そして二つ目の買いかたは
未だ発掘されていない
ビットコインブロックを採掘する
マインニングという買いかたがあります

最後の3つ目の買いかたは
対価としてビットコインを
手に入れる方法があります

ビットコイン買い方実践編

1 自分の財布であるWallet「ビットコイン取引所」の作成

 ビットコインはソフトウエア上の通貨
ですのでまず取引を行う自分の財布である
Wallet「ビットコイン取引所」の作成が
必要になります

ビットコインを扱う取引所はいくつかあり
その中でも代用的な取引所が以下になります

1コインチェック
会社名 レジュプレス株式会社
アカウント作成・維持手数料 無料

2bitFlyer
2014年に設立され有名な大企業からの出資を受けている
日本の取引所の中では資本力はトップクラス

3 BTCBOX

BTCBOXは国内最大級の取引所のため売買が活発になり
有利な価格で取引が出来る利点があります

取引手数料が無料なためビットコイン取引を
考えてる方にはいいと思います

2 マイニング(採掘)

ビットコイン採掘

出典 http://i.gzn.jp

発掘(マインニング)とは

採掘(マイニング)とは新たなブロックを生成し
その報酬としてビットコインを手に入れる
行為のことです。

2015年9月現在は25BTCが
報酬としてもらえます。

技術的には数学的な計算を繰り返し
特定の条件を満たす解を見つけるという
行為であり、たくさんのハードウェアと
電気代が必要になります。

ビットコインシステムは埋蔵量が
すでに決まっていて専用ソフトを
動かせる人達のマシンパワーによって
ビットコインは管理されています

スウエーデンにある巨大格納庫に
4万5千台のコンピューターを並べ
これらのコンピューターで24時間
休むことなくビットコインーQTを
稼働させています

今後ますますビットコインの価値が
上がり世界の人々にビットコインが
安心という価値が生まれるとたくさんの
人々がビットコインの採掘作業(マインニング)に
参加するのが予想されます

そうなると新しいビットコインを
採掘するのが難しくなるのは当然ですね

採掘(マイニング)とは新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。2015年9月現在は25BTCが報酬としてもらえます。
技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になります。
またこの行為がビットコインネットワークを安全に保つための源泉となっておりビットコインが自己完結的であるための重要な仕組みでもあります。
採掘者(マイナー)が採掘をする行為によりビットコインのP2Pネットワークが維持されており、その他の一般ユーザーはこの恩恵に与ってビットコインをネットワーク上で送付することが可能となります。

出典 http://bitflyer.jp

3収入

買い方としては直接個人で購入するか
対価としてビットコインを取得する方法があり
日本ではまだなじみがありませんが

ビットコイン専用のATM「Robocoin」が登場しており
売買に限らず実際のトレードも可能です

ビットコイン専用のATMRobocoin

出典 http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

ビットコインの驚くべき可能性

ビットコインとは何か 基本的な説明

世界初の暗号化された仮想通過
つまり普段私たちが使っている
お金を銀行でやり取りする代わりに
インターネット上の銀行(Wallet)を
所有し銀行などに行かず

ビットコインは2009年1月3日に
中本哲史(ナカモトサトシ)が
スタートさせました

中本哲史(ナカモトサトシ)

出典 http://benzaiten.dyndns.org

そして2010年5月22日より実際の取引をピザ1枚を使って始まりました

ピザ

出典 http://nihonto-trade.com

スタートした当時の1ビットコインの価値は
1年半で10セントになりました
その5年後には240ドルになっています

つまり2400倍になったと
いうことになります

もしあなたが100ドル分購入していたとしたら
24万ドル日本円で2千6000万円になりますね


自宅のパソコンやスマートフォンを
使ってお金のやり取りが出来る
インターネット上で扱える立派な
お金になります

ビットコインはビットコインを
使用して世界中の人々とほとんど
手数料がかからずやり取りをする
ことが出来ます。

ビットコインでのやり取りをすでに
何百万人もの人が使っています

現在の日本にはまだまだ浸透していない
ビットコイン(仮装通貨)ですが

世界の何十万もの企業がすでに
取り扱いをしており航空券やホテルのチケット
車、身近で言えばコーヒーなど

ビットコインを取り扱っているお店であれば
買えないものはほとんどありません

コーヒー

出典 http://tomigaya-shinbun.com

私は学生ビザでアメリカに住んでいたこと
がありますがもちろん収入がありません

もともと日本の銀行に預けておいた300万円の
お金を日本の銀行とアメリカで開設した
CITY BANKという銀行に送金した経験があります

やはりこの時も銀行間の手数料が
かなりかかりました

当時にビットコイン(仮想通過)があれば
自分が持っていたお金がほぼそのまま
送金できたことになります

CITY BANK

シティーバンク

出典 http://pbs.twimg.com

全世界の約200ヶ国で個人送金
企業支払と貿易業務を代行している

アメリカ合衆国拠点を置く大手の
「MoneyGram」や「WesternUnion」

の送金手数料は5%~10%もの
手数料がかかります

ウエスタンユニオン

ウエスタンユニオン

出典 http://www.digitalavmagazine.com

銀行間取引とビットコインでの手数料比較

ビットコイン海外送金手数料

出典 http://dj-finanz.de

【条件】
送金額:10万円
ビットコイン:1.33BTC

(1BTC=75,000円 12/29現在)
利用銀行:みずほ銀行
為替:1ドル100円
【比較する対象】
1.日本の銀行⇒日本の銀行
2.日本の銀行⇒海外の銀行
3.ビットコイン⇒ビットコイン

出典 http://bitcoin-matome.info

例えば10万円を送金すると手数料はいくらかかるのか!?

1.日本の銀行⇒日本の銀行
みずほ銀行から他銀行に送金すると、ATMを利用すると420円(12月29日現在)かかります。受け取る手数料はかからないと仮定すると、その差分が実際に手元に届く額になります。
2.日本の銀行⇒海外の銀行
先程も記述しましたが、海外の銀行に送金する際は、「日本の銀行と中継・受け取り銀行」の2重支払いになることがわかりました。そこで、日本と海外に支払う額をリサーチしてみることに。
・日本に支払う額
日本から海外に送金する際は、5,500円の送金手数料を支払う必要があります。
・海外に支払う額
海外の銀行に支払う額は、一般的に10~30ドル程度かかるそうです。円で考えると、1,000円~3,000円ほどです。
3.ビットコイン⇒ビットコイン

手数料がいくらになるのかが、わからなかったため調べてみました。調べた結果以下の様なことが記載されてます。
引用元を確認すると、ビットコインの量ではなく、データの量によって手数料が変わると書いてありました。

引用元:http://www.bitcoin.co.jp/faq/faq.html
そこで、1.33BTCを送金すると、どれほど手数料がかかるのかを、取引一覧から確認してみました。そうすると、手数料はなんと、0BTCでした。

出典 http://bitcoin-matome.info

コインチェックで簡単ビットコインの買いかた、売り方

日本円でビットコインを購入

実際に自分のビットコインをコンビニで引き出してみました

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ